おすすめ金融会社ランキング(即日審査、即日融資優先)

▼こんなにも沢山ある金融会社のメリット

誰にもお金を借りる事を知られない



金融会社でお金を借りると、周りの人に借金をしていることがばれてしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、実際には全くそんな心配をする必要はありません。
秘密はしっかりと守ってもらう事ができるので、誰にもお金を借りていることを知られる事はありません。
在籍確認のための電話はかかってきますが、その場合もその会社名を言う事はないので会社等の人に金融会社を利用しようと思っている事を知られてしまう事も勿論無く大丈夫です。

周りの人との人間関係も変わらない

自分の周りの人からお金を借りるとなると、どうしてもその人の信用を失ってしまったり何か説教されてしまう事も有ります。
さらにお金の使い道に対しても口出しされる事も少なくありません。
しかし金融会社の場合はビジネスでお金を貸してくれるので、借金をする事自体で説教される何ていう事は全くありません。
勿論お金の使い道は問われますが、基本的にギャンブルや借金返済以外での利用であれば何も問題なく融資してもらう事ができます。

急にお金が必要な時でもすぐに融資してもらう事ができる

お金が必要となるのが前もって分かっていればある程度の金額を用意する事はできます。
しかし急に必要となる時は別で、なかなか簡単に必要額を用意できないと言う事も有るでしょう。
金融会社の場合も限度額は決められていますが、基本的には生活をしていく上で必要となる位のお金であればそれほど融資してもらう事自体難しい事ではありません。
会社側が決めている審査基準を満たしていれば、急にお金が必要となる時でもスピード融資が可能となります。

担保も保証人も必要ない

住宅ローン等を利用する時は、担保や保証人を用意する必要があります。
それを用意できない場合は保証人協会等にお金を払って保証人になってもらわなければいけません。
しかし金融会社はそれらを必要とはしません。
そのため、他のローン等に比べると比較的簡単にお金を借りる事ができると言う点も、実は大きなメリットと言う事ができるでしょう。
ただ、高額融資を求める場合は担保が必要となる事も有るので、詳細は会社の方に問い合わせておく事をお勧めします。


▼返済プランを立てやすいのも金融会社のメリットです

無理なく返済をしたい

まとまったお金を貸してほしい時もあるでしょうし、少しお金を貸してほしい時もあるかと思います。
いずれもお金を貸してもらうことには変わりありませんが、返済も必要になります。
お金を貸してもらう時には、きちんと返済が出来るかどうかを考えておくことも大切です。
無理なく返済が出来るようにするのが良いですが、どういった方法であれば便利でしょうか。
金融会社会社は、さまざまな方法に対応をしてくれるのでおすすめです。

いつ返済するか

例えば月々返済をしたいと場合について考えましょう。
月決まった金額を用意しますが、いつであれば用意しやすいでしょうか。
一般的にお給料が入ったら返済をしたい、支払いをすることが出来る方が多いと思います。
お給料日といえば25日の会社が多いかもしれませんが、最近それ以外の日にちがお給料日のケースも増えています。
25日にあわせて、26日ですとか27日に支払いを求められることが考えられます。
しかしお給料日が月末であればどうでしょうか。
月末にならないとお金が入らない、返済をする金額の手持ちがないかもしれません。

返済日の選択が出来る

金融会社会社によってもさまざまですが、返済日の選択が出来るようになっています。
26日や27日と設定しているところもありますし、10日ですとか15日などと設定をしているところもあります。
月3回ほど返済日を設けており、その中からもっとも都合の良い日にちをこちらから決めることも可能です。
お金を借りる時には、自分が返済しやすい日を考えておくとよいでしょう。

口座引き落としもある

また金融会社のメリットでもありますが、口座引き落としをしてくれる会社が多いです。
毎月決められた日にちに、こちらから指定をした口座から返済金額を引き落とししてくれるのです。
その為、金融会社会社に直接入金をする手間も省けます。
お店に来店等もしなくて良いのもメリットですね。
返済がしやすい、返済を忘れないという点から考えても金融会社でお金を借りるのはおすすめです。


▼いざという金銭の課題に金融会社

断りにくい付き合いやイベント

かなり求人が増加しているといいますが、その中身はというと非正規雇用が中心となっていたりするものです。
毎月の生活には事欠かない程度の収入が手に入るのかもしれませんが、将来のことを考えるとやはり少し心もとなさも感じることもあるでしょう。
ましてや生活をするのに節約をしながら乗り越えているというにもかかわらず、冠婚葬祭や友人との付き合いなどどうしても断れないイベントもできてきます。
何とか参加できるようにするように準備をしたいものです。

付き合いやイベントへの参加

あらゆる人の付き合いを断りながら淡泊な暮らしをするというのはとてもつまらないものです。
面倒に感じることもあるかもしれませんが、冠婚葬祭や様々なイベントに参加することで喜怒哀楽を感じることも多いものですし、何かを学ぶことも多くあります。
そのようなイベントを一切ないままに淡泊に過ごしてしまうと、人間的な成長もあまり見込めず、人生がつまらないものになりかねません。

いざというときの金融会社

その時は面倒に思えますし、まして金銭的に不安を感じても必要なイベントには何とかして参加をするべきでしょう。
なかなか限られた収入の中ではきちんと計画を立てておかないと、参加のための費用の捻出も難しい場合があるでしょう。
そこでいざという時には金融会社を利用することも決して悪いことではありません。
お金を借りるということに対してあまりいい印象を持っていない方も多くいます。
しかし金融会社のメリットは、無担保・無保証で融資をしてくれるので、いざという時に周囲に知られることなく借りることができます。

すぐに融資の受けられる金融会社

さらに融資の実行の速さもとてもありがたいものがあります。
どうしても銀行などの金融機関から融資を受けたいと思った場合、ごくわずかな金額であってもかなり厳格な審査のために日数がかかってしまいます。
しかしすぐにお金が必要と感じる場合には即日で融資を受けられる場合も金融会社にはとても多いわけですから、お金が必要になった時にすぐに申し込みをすると大助かりすることになってきます。


▼金融会社のメリットとは

家族に分からないようにしたい

どうしてもお金が必要になることがあるでしょう。
そしてお金を借りることを考えますが、家族に分からないように借りたい方も多いかと思います。
例えば学費を借りる場合でしたら、子供に分からないように借りたいと考えるかもしれません。
もしくは主人は仕事で余裕がないので、心配をかけたくないと奥さんが主人に黙って借りたいケースも考えられます。
こういった場合に、金融会社は便利ですので利用してみてはいかがでしょうか。

郵便物

家族に分からないようにするためには、どういった点に注意をすればよいでしょうか。
同居している家族であれば、郵便物を見てしまうかもしれません。
郵便ポストには自分自身の郵便物だけではなくて、家族宛の郵便物も入ります。
そして誰がポストから取るか分かりません。
お金を借りたら返済の計画表のようなものが届くのではないか、返済をしたら都度残高の明細が届くのではないか。
そういった心配は不要です。
金融会社については、郵便物が届かないように配慮もしてくれます。

電話連絡

次に連絡を受ける時にも注意が必要でしょう。
例えば審査を受けた時や、その他でも伝えたいことがあれば連絡をしてくるかもしれません。
その際に自宅の固定電話に電話があったらどうでしょう。
家族が電話に出てしまうかもしれません。
お金を借りていることがばれてしまうと心配するかもしれませんが、自分自身の携帯電話に電話があれば問題ないのではないでしょうか。
時間帯も指定をしておけば、家族がいないときに電話に出ることも可能でしょう。
個人名で連絡をしてほしいと、あわせてお願いも出来るので安心です。

上手に付き合おう

実際家族に分からないように、金融会社からお金を借りている人も多いです。
恥ずかしいから言いたくないですとか、両親から怒られてしまうのではないかなどの理由が考えられますが、いずれの場合も対応をしてくれるので活用しましょう。
メリットでもありますので、上手に金融会社と付き合っていくと良いですね。

▼浪費癖がある人を審査で止める方法

止めたいのに止められない浪費癖

自分に浪費癖があるということがわかっているものの、ついついキャッシングを利用してまでお金を工面し、使ってしまう。
自分でも何とかしなければならない、この浪費癖をやめたいとは考えているにもかかわらず止めることができない。
もしくは家族や親戚にそのような人がいて止めさせたいと考えている。
そのようなケースは、ギャンブル依存症や、買い物依存症など治療を受けている人には良く見られるケースです。

浪費癖によってキャッシングしても誰も幸せにならない

しかし、それらを本人の意思だけに任せておくと、いつタカが外れてしまうかわかりません。
分かってはいるものの、ついつい金融会社機関から返すことのできるような当てもないお金を借りてしまい、返済が滞り、多重債務者への道を進んでいくのです。
そうなってしまうと、本人も、その家族や親戚も、そして返却されないようなお金を貸してしまった金融機関側も、誰一人として得をしない状況が生まれてしまうのです。

水際の段階で融資を防ぐ方法がある

そういった場合に、本人やその親戚が直接金融会社機関を1件ずつ回って、融資をしないようにお願いするということは非現実的です。
金融会社機関の数は膨大であるために、とてもではないですが全てを網羅することは個人の力では難しいでしょう。
しかし、ある方法を利用すれば、それらの人が金融機関へキャッシングの審査を依頼した水際の段階で、金融機関側から融資を断るようにすることができる制度があるのです。

貸付自粛制度について

それは、日本貸金業協会という、日本に存在する金融会社機関が作っている団体に、貸付自粛制度というものを申請するという方法があります。
この制度を申請した場合は、金融機関が審査を行うときに、貸付を自粛するような情報が見つかりますので、仮に審査の申請を受けたとしても金融機関側から融資が断られるようになるのです。
このために、万が一の時のためのセーフティーネットとして機能することができます。
浪費癖があると自覚している人、または身近にそのような人がいるような家族や親戚にとっては、一度試す価値のある制度ではないでしょうか。


▼審査に用意しておきたい書類

スムーズな融資のために書類の用意

金融会社からの融資をスムーズに受けるために、必要となる類書類を事前に用意しておきましょう。
書類の確認ができないと審査に通過できず、融資してもらえないため、予め確認して忘れずに準備しておくことをおすすめします。

身分証明書は必須

金融会社の審査では身分証明書の提出が必須となっています。
身分証明書となる書類は、運転免許証、保険証、パスポート、住民票のいずれかが必要です。
基本的には運転免許証が身分証明書として望ましいとされていますが、免許証の交付がない方は、その他の身分証明書で構いません。
また、外国人が融資を受ける場合には、永住ビザが身分証明書になります。
外国人登録証明書でもOKとしている金融会社もありますが、最近では永住ビザがない方には融資できないことが増えているため、永住権を得ていることが融資の条件になるでしょう。

融資額に応じて収入証明書を

身分証明書の提出は必須ですが、その他条件に応じて必要になる書類があります。
その一つが収入証明書です。
収入証明書となる書類は、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書と賞与明細書などになります。
いずれか1点で構いませんが、最新の書類が必要です。
収入証明書が必要になるケースは、1社からの借入額が50万円を超える場合及び全社からの借入総額が100万円を超える場合に求められます。
また、このケースに当てはまらない方でも提出が求められるケースが稀にあります。

配偶者貸付を利用する方

配偶者貸付を利用する方は、配偶者との続柄を表す証明書と配偶者の同意書が必要です。
配偶者との続柄を表す証明書は、住民票や戸籍抄本になります。
事実婚の方でも配偶者貸付を受けることができますが、住民票の続柄に事実婚の旨が明記されている必要があります。
同意書は専用の申し込み用紙に配偶者のサインを貰えばOKです。
条件に応じて提出が求められる書類が異なるため、自分はどのような書類が必要になるのか確認しておきましょう。
そうすれば、スムーズに審査してもらえます。


▼金融会社で審査を受ける際に必要なもの

審査を受ける

お給料日までにまだ日にちがあり少し生活費が足りない、事業を立ち上げるのでお金を貸してほしい、学費が必要なのでまとまったお金が欲しい。
上記のようにさまざまな理由で、金融会社からお金を借りようかと考えるかと思います。
しかしどういったケースであっても、審査を受ける必要が出てきます。

急いでいる場合には注意をしたい

インターネット上ですとか、電車の広告などですぐにお金を借りることが出来ます。
といった文言を見かけたことがある方も多いでしょう。
金融会社については、他にお金を借りる方法よりも早くお金が手に入るので便利です。
しかし必要になるものが揃っていないと、審査をすぐに受けることが出来ないこともありますので、急いでいる場合は注意をしましょう。

収入証明書

それぞれ会社によっても細かい基準はことなりますが、金額が多くなれば収入証明書が必要になるケースがあります。
収入がきちんとあることが分かる書面ですが、例えば会社でもらう源泉徴収票ですとか、役所でもらえる納税証明書などです。
提出をしてからお金を貸してもらうことになりますので、早く提出が出来るように事前に用意をしておくことも考えなくてはいけません。
金融会社会社のホームページを見て確認をしておく、もしくは電話などであらかじめ問い合わせておいて、いくら以上であれば必要になるのかどうか。
事前に確認をしておくと慌てずに済むでしょう。
一般的に50万円を超えると必要になるケースがあります。

その他の書類

収入証明書以外にも、場合によっては提出を求められる書類があります。
勤めている会社名を伝えるかと思いますが、それだけではなくて証明書を提出します。
健康保険証ですとか、給与明細のコピーが必要になる場合もあるでしょう。
その他には本人確認書類のコピーも必要になるケースがあります。
運転免許証などがあげられます。
金額によっては事前にいくつかの書類を提出してから、お金を貸してもらう流れになりますので事前に確認をしておきましょう。


▼金融会社に申し込むと審査を受ける必要がある

金融会社を利用する時は、審査にパスする必要がある

金融会社はある程度の金額まで担保も保証人も用意する必要なく融資してもらう事ができます。
しかし誰でも利用できる物ではなく、安定した収入がある人や、成人している必要等があります。
この人には本当に貸しても大丈夫なのか、お金を回収する事は出来るのだろうか、会社の方としてはそれを調べる必要があり、その為に行われるのが審査です。
申し込みをした人はそれにパスする事で融資を受けられます。

審査の基準は公表されているわけではない

出来れば1回申し込みをするだけで簡単に融資をしてもらいたいと思う人も多くいるでしょう。
またなるべく早く現金を手に入れたいと思っている人もいるはずです。
そういう人が気になる事の一つが審査基準ではないでしょうか。
その会社の基準が最初から分かっていたら、自分が条件を満たしている所に申し込めば無事融資を受ける事ができるからです。
しかし残念ながらその基準は公表されていません。
そのため、大体これくらいの条件は必要だと言う事は分かっても、詳細までは分からないのが現状です。

なるべく自分の条件をよくする為に

安定した年収がある人であれば、アルバイトやパートでも金融会社を利用する事は不可能ではありません。
しかし審査を受ける場合、条件によってはパスできないことがあるので注意しましょう。
とはいっても、自分の条件をよくする為に嘘をつくのはもっとダメな事です。
基準が少々厳しい所もあれば、比較的緩めの所もあるので、最初から嘘をつく事を前提として申し込むのではなく正直に申告しましょう。
嘘は簡単にばれてしまいます。

審査のスピード

住宅ローン等を申し込む場合は、1週間以上審査結果が出るまで時間がかかってしまう事も珍しくありません。
しかし金融会社はスピードを売りにしています。
申し込みから30分から45分程度で融資してもらえる事も多々あります。
また仮審査を行えば、自分が融資してもらえるかどうかが大体分かるので、利用してみるのも良いでしょう。
インターネットを使えば自宅に居ながらにして行う事ができるので、わざわざお店まで行く必要もなく便利です。

▼金融会社の審査前に確認すべき注意点

一度に複数の審査依頼をかけない

金融会社の審査を受ける際に、注意しなければならないポイントとしては、一度に複数の金融機関に対して審査依頼を出さないようにするということです。
金融会社を利用したい状況としては、一刻も早くお金を借りたい状況であるとは思います。
そのような状況下で、一つずつ申請をかけるということは、手間がかかって面倒であるとは思いますが、必ず一つずつの審査申請を行うようにしてください。

審査内容に信用がなくなる

この理由としては、各金融会社の会社は、それぞれの審査内容の情報を共有しているのです。
このため、同時に審査の申請を行った場合は、金融会社機関側に、同時に申請を行っているということがばれてしまうのです。
こうなりますと、金融機関側としては、この人は本当に借りたお金を返済できるための能力があるのかどうかが不安になってきます。
また、一度そのように不安を感じてしまった場合は、審査にかけられた内容に関しても疑いを持ってしまい、審査に時間がかかってしまったり、審査落ちになってしまう原因にもなってしまいます。

連鎖的に審査落ちになる可能性も

また、一旦審査落ちになってしまった場合は、その情報もほかの金融会社機関に共有されてしまいます。
あそこの金融機関が審査落ちしたということは、この申請内容には何か問題があったのかもしれないということを、ほかの金融機関の担当者が感じてしまった場合は、連鎖的に審査落ちが続いてしまう可能性もあるのです。
このようになってしまいますと、たとえ審査が比較的甘いとされている金融機関の審査も通りにくくなってしまいます。
この現象は、たとえ審査にかけた内容に、まったく嘘のことを書かずに、本当のことばかり書いていても起こりやすいのです。

審査依頼をかけたら次の一手の準備を

このように、一度に何度も審査依頼をかけてしまうと、効率的どころかにっちもさっちも行かないような状況に陥る注意点があります。
審査落ちになる可能性は、どの金融機関でも起こりうることです。
このため、一つの金融機関に審査依頼をかけた後は、審査落ちに備えて、それよりも審査基準が甘い別の金融機関を探して、審査内容をあらかじめ作成しておいたほうが効率的でしょう。


▼金融会社の注意点を理解した上で利用をして下さい

金融会社は年収の3分の1を超える額は利用できません

金融会社は無担保、保証人なしで、審査に受かると基本的には誰でも融資を受けられるのが最大の特徴になっています。
金利が10パーセントから20パーセントと高めになっているため、きちんと返済計画を立ててから利用する必要があります。
どうしても借り入れが必要な場合は、大手の信頼できる貸し金業者を選ぶようにして下さい。
総量規制という法律があるため、年収の3分の1を超える金額は利用できませんし、50万円を超える融資の場合は、身分証明書のほかに給与明細書や納税証明書の提出が必要です。

利便性の高さから多重債務になってしまう場合があります

金融会社は、店頭や自動契約機のほかにインターネットを利用して融資が受けられますし、休日にも対応を行っている業者も存在しています。
お金が必要な時は利便性が高いですが、ついつい借りすぎてしまう場合があるため、必要のないお金の借り入れは避けましょう。
債務を返済するために、他の貸し金業者から借り入れをすると多重債務に陥ってしまい、返済額が膨れ上がってしまう場合があります。
多重債務になると、返済をするのが困難になってしまうので注意をして下さい。

借り入れをする貸し金業者を少なくするようにしましょう

金融会社を利用する時は、パソコンやスマートフォンから利用明細を確認できるため、元金にいくら金利がプラスされているか確認をしておくことが大事です。
以前と比べると悪いイメージは少なくなっていますが、借り入れをする貸し金業者をなるべく少なくしておく必要があります。
他の貸し金業者に比べると審査から融資までのスピードが速いのが魅力ですが、複数の貸し金業者を比較して金利が安いところを選びましょう。

滞納と債務整理の影響を知っておこう

金融会社に延滞をすると、1週間程度であれば大目に見てもらえますが、3ヶ月以上経過すると信用情報機関に記録が残ってしまい、借り入れをするのが難しくなってしまいます。
自宅や職場にも催促の連絡が入るようになると、家族に知られてしまう場合があります。
金融会社を利用する注意点は、返済が困難になって債務整理をすると一定期間は利用できないので気をつけて下さい。


▼金融会社を利用する際の注意点

便利な方法

お金を貸してもらう方法についてですが、銀行からお金を借りる方もいらっしゃれば、最近金融会社会社を利用する方も増えてきたのではないでしょうか。
気軽にお金を借りることが出来るので便利です。
一旦審査を受けますが、審査にかかる時間も早いのも利点でしょう。
数日、もしくは当日すぐにお金を受け取ることも可能となっていますので、ますます今後利用される方が増えるかと思います。

気軽に利用が出来る

気軽に利用が出来るという点がありますので、お金が足りなければすぐに声をかけようと考えるかもしれません。
お給料が入るまで少し日にちがあるけれども、飲み会に誘われてお金がないから借りよう。
欲しいものを見つけたがすぐに欲しいのでお金を借りたいな、といったケースがありますがそういった際にも利用すると便利ですね。

注意点がある

お金を借りることが悪いとは言いません。
しかし注意点もあります。
お金を受け取ることが出来ますが、お金を貰うということではありません。
返済をする必要が出てきますので、きちんと返済が出来るのかどうかという点について考えておきましょう。
また借りた金額に利息がついていきますので、受取った金額よりも多くの金額を貸さなくてはいけないことがほとんどです。

最低限利用するようにしよう

きちんと返済が出来るようにするという点が大切ですが、いくらお金が必要かどうかを考えておくと良いでしょう。
お給料が入ったら返済をするケースでしたら、返済をするまでに何の支払いがあるかを書き出してみるのもおすすめです。
水道代と電気代とガス代金を支払う必要があるのであれば、2万円あれば充分だろうといったように、最低限の金額を借りるようにしたいです。
必要最低限にすることで、無理のない金額を返済することにも繋がります。
不安だから2万円ではなくて、キリの良い数字ですし5万円借りようかと考える方もいらっしゃるかもしれません。
2万円返済をすれば良いはずが5万円になると、金額が倍以上になり返済をするのが難しくなるかもしれないので、よく考えて金融会社を利用するようにしましょう。


▼金融会社でキャッシングを行う前にまずは計算を

そのお金、返す目処は立っていますか?

金融会社機関でお金を借りるとき、一番初めに考えておいてほしい注意点があります。
それは、ちゃんとお金を返すことのできる目処がついているかどうか、ということです。
当たり前のことと、誰もが思いがちですが、このちゃんとした、という部分の基準が、人によってかなり曖昧になっているために、後々のトラブルの原因となっているのです。

返すお金は月々の余剰金から

返済ができる目処というのは、具体的には期間と額です。
おそらく、金融会社機関でキャッシングを行うということは、急遽お金が必要になったということでしょう。
その急遽必要になったお金を金融会社機関から借りるということです。
決してもらうわけではありません。
借りた分のお金は、返さなければならないのです。
では、その返す分のお金は、いったいどこから工面する必要があるのでしょうか?
それは、借りた人の月々の収入の余剰分から返さなければならないのです。

月々の返済金の考え方

普段の月々の余剰分は、家計簿や通帳の履歴を見ると確認することができます。
月々の総収入額から支出額を引いた残高が余剰分です。
これが、月々に返済ができる金額の目処になります。
この月々に返済ができる金額の目処で、借り入れ金と利息の合計を割ったものが、返済にかかる期間の目処になるのです。
利率の計算が面倒である場合は、その金融機関での最高利率で計算を行えばまず問題ないでしょう。
さらにその計算すら面倒である場合は、実際に金融会社機関に電話をして、借入金と利率をお願いして計算してもらうという手も可能です。

まずは事前に計算を

具体的にキャッシングを行う前に、この計算を行うか行わないかで、その後の返済の効率が大きく変わってきます。
なぜならば、返済にかかる期間の目処を見誤って、新たにキャッシングを行った場合は、とたんに返済に対して首が回らなくなってしまい、多重債務者への道を突き進んでしまうからです。
返済にかかる期間の目処がわかっていると、その間は新たにキャッシングを行わないように心がけることによって、無理のない返済ができるようになるのです。
また、月々に返済ができる金額の目処を知ることによって、その月の支出をどれだけ抑えればよいのかという判断材料にもなります。
これだけでも、効率的な返済に対する大きな一助となるのです。